健康は美容の最重要項目です!

ただの捻挫だろうと勝手に自己判断して、湿布を貼って包帯やテーピングなどで適当に固定し、そのまま様子をみるのではなく、応急処置を済ませたら一刻も早く整形外科の医師に診てもらうことが、早く根治させる近道となるでしょう。

急に発症する急性腸炎は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・下痢を伴う程度ですが、バイ菌の感染が原因の場合はひどい腹痛・繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高熱が出るのが違いです。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、4日前後ちゃんと服薬すれば、一般に多くの患者さんの自覚症状は消え去りますが、とはいえ食道粘膜の発赤や炎症が完全に引いたとは断言できないので注意が必要です。

音楽会やライブなどのおこなわれる会場やダンスするための広場などに備えられている大きなスピーカーの隣で爆音を浴び続けて難聴になってしまうことを「ロック外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類が存在するのです。

ばい菌やウィルスなどの病気を引き起こす微生物、即ち病原体が肺の中に進入し発病し、肺の内側が炎症反応を露呈している様子を「肺炎」というのです。

30才代で更年期が訪れるとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい)」という疾患に当てはまります(我が国の場合40歳未満の女性が閉経することを「早期閉経」と呼ぶのです)。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数の多い中耳炎で子どもに多くみられる病気です。
猛烈な耳痛や38℃台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状がみられます。

比較的若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対抗するだけの免疫力の弱い人々が増えたことや、診断が遅れることによる集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで採用されてきた生ワクチンに替わる新しい手段として、2012年9月1日より原則無料で受けられる定期接種となるため、病院などの医療機関で個々に接種してもらう個別接種の形に変更されています。

吐血と喀血は血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺に続いている気道(呼吸器の一種)からの出血であり、吐血は十二指腸より上部にある消化管から出血する症状のことを示しているのです。

トコトリエノールの働きとしては酸化を遅らせる機能がもっとも認識されていると思いますが、それ以外にも肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが確認されています。

鍼灸の鍼を皮膚に刺してもらう、という直接的な多数の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスと言われる要は電気信号の伝達を発生させるという考え方が浸透しています。

耳鳴りには種類があって、本人しか聞こえないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人と他の人にも品質の高いマイクロホンなどをあてたりすると聞こえてくるという「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

アルコールや薬、化学調味料を始めとした食品の添加物などの物質を酵素で分解して無毒化する事を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓の果たしている非常に重要な務めの一つと言えるでしょう。